Webサイトの高速表示&安定化 SiteLock CDN

普段のサイト運用からCDNを活用

予期しない高負荷にも安定したホームページ閲覧を保証する

シックス・アパート株式会社
シックス・アパート株式会社

シックス・アパート株式会社さまはCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)や、ブログ・サービスなど、企業のWebマーケティングを支援する製品・サービスを提供しています。
今回は、シックス・アパート株式会社のIT/MISマネジャーの草野基幹さま、マーケティング シニアマネジャーの澤 麻紀さまに、GMOクラウドのSiteLock CDNを導入した経緯、導入のメリットなどについてお伺いしました。

シックス・アパート株式会社

導入理由
安定したWebサイト運用 / 低コストでの利用

CDN導入による効果
・アクセスが集中してもWebサイトの閲覧に負荷がかからない
・コンテンツ配信を独立させることでシステムコストの削減につながる

ご利用中のサービス
SiteLock CDN

業種
Webサイト構築・管理のための技術開発

御社の主力製品「Movable Type」について教えてください。

澤さま インターネットで利用されるコンテンツは、Webサーバー上だけにあるわけではありません。シックス・アパートは、さまざまな形で出力されるコンテンツを包括して管理するための技術を開発しています。「Movable Type」は、安全で効率的なWebサイト運用を可能にする、CMSプラットフォームで、国内で5万サイト以上に導入されています。デザイナーが思い描いたデザイン・アイデアをそのまま形にでき、ユーザーが安心して利用するためにセキュリティも重視されているため、誰でも簡単に、安全にコンテンツを管理できます。

さらに、2018年5月には、メジャーバージョンアップとなる Movable Type 7 をリリースしました。最新バージョンでは、「コンテンツを構造化して管理し、その出し入れを容易にすること」をCMSの役割と考え、新機能「コンテンツタイプ」や Data API を活用することで、デザインなどの見た目や、出力形態、デバイスの変化に影響されず、安定して長くコンテンツを管理できるCMSに進化しています。

シックス・アパート株式会社

シックス・アパート株式会社
マーケティング シニアマネージャー
澤 麻紀さま

CDNを導入するに至った経緯を教えてください。

シックス・アパート株式会社

シックス・アパート株式会社
IT/MISマネージャー
草野 基幹さま

草野さま 「Movable Type」は基本的にスタティック(静的)にHTMLファイルなどを生成するので、急なトラフィックの増加には強いシステムです。とはいえ、企業のWebページなどはさまざまな要因で、爆発的にアクセスが増えることがあります。その際、Webページへのアクセスが一時的にでも途絶えてしまうことがあれば、機会損失が生まれてしまいます。CDNの導入はそういった事態を未然に防ぐのに有効です。

弊社では、働き方改革に対応したテレワークをいち早く取り入れた「SAWS(Six ApartWorking Style)」といった取り組みが話題になり、昨年からテレビなどで紹介されることが増えたのです。それによって、普段よりも2桁も多いトラフィックが流れ込んでくることがあったのですが、事前にCDNによる対策を導入していたため、安定したサイト閲覧ができる状況を保ち続けることができました。

「SiteLock CDN」を選んだ理由はなんですか?

草野さま 一般的にCDNの導入には、面倒な設定の手間と、負荷に応じた従量制のコストがかかります。「SiteLock CDN」を導入する前に利用していた他社のCDNにもそういった課題がありました。事前に大きな負荷が予想される場合に備えて一時的に利用していましたが、日頃から高負荷に耐えられるように低コストで手軽に導入できるCDNを検討した結果、「SiteLock CDN」に白羽の矢が立ちました。

「SiteLock CDN」のメリットは定額の利用料によりコストを削減できることだけではありません。ウィザード(※)に従って入力していくだけで基本的な設定ができてしまうという使いやすさも、他社製品にないメリットに感じました。また、初期状態で、静的なサイトだけでなく動的なサイトにも対応し、キャッシュや画像の圧縮、付加機能が適切な状態で用意されていたところも、導入の決め手になりました。

※ SiteLock CDNでは、3ステップのウィザードを利用してCDNの初期設定を行います。

cdn_logo

「SiteLock CDN」を導入して、どのような感想を持ちましたか?

草野さま ウィザードによって設定の手間が簡略化された分、検証やテストに時間をかけることができました。また、セキュリティ関連の機能も簡単なUIで設定できるので、緊急時にはありがたいと思いました。例えば、どこかのIPから攻撃を受けたときには、「SiteLock CDN」でそのIPからのアクセスをロックすれば、サーバーへの攻撃を「SiteLock CDN」で防ぐこともできます。

また、「SiteLock CDN」の導入後と導入前を比べたところ、当然ではありますが、導入後はWebサイトの表示速度は安定し、速くなりました。一方で、CDNの導入の仕方によっては問題に障害となるキャッシュの更新タイミングや動的ページサイトへの挙動対応、ユーザー認証の3つを重視して検証しましたが、「SiteLock CDN」では問題ありませんでした。

SiteLock CDNを導入するメリットはこのほかにもありましたか?

草野さま Webサイトを表示させるところを「SiteLock CDN」に任せると、システム担当者は管理画面のメンテナンスに集中できます。

従来、システム担当者は管理画面とお客さまが閲覧するページの両方の面倒を見て、負荷が増えたときの対策を考えていました。しかし、閲覧側を「SiteLock CDN」に任せる導入によりことで、これまで2つ調整しなければいけなかったものが1つに減ったので、負担が削減されました。

「SiteLock CDN」はダッシュボードの画面も分かりやすいので、システム担当者は、社内にいないときでも外部から他の社員に指示を出して設定を調整することもできます。

シックス・アパート株式会社

「Movable Type」と「SiteLock CDN」との親和性についてはいかがですか?

MT_logo

草野さま 「Movable Type」はHTMLファイルを生成して、Webサイトを作るところまでを担当します。作られたホームページを見せるのはWebサーバーの担当です。その、ホームページによるコンテンツ配信の仕事を「SiteLock CDN」に任せてしまうことで、安定した運用ができるようになります。

例えば、「Movable Type」を利用するだけならば現状のサーバーで十分なのに、アクセスが増えたり、画像や動画を追加したりすることによって負荷が高まると、「Movable Type」での処理にも影響が出てきます。その対策のために、サーバーを増設するとなるとコストがかかってしまいます。

そこで、コンテンツ配信を「SiteLock CDN」に任せる運用にしておけば、システム全体の管理・運用コストの削減にもつながるでしょう。

今後、「Movable Type」と「SiteLock CDN」とが連携したサービスなども考えられますか?

澤さま 「Movable Type」にはクラウド版とWebサービス版もあります。それらと「SiteLockCDN」が連携することが可能になれば、弊社のお客さまにより多くのメリットをもたらすと思います。

シックス・アパートでも、過去には、テレビ放映時や、製品をリリースしたタイミングなどに、ページの表示が遅くなり、訪問されたお客さまにストレスを感じさせてしまったこともありました。そうなれば、お客さまにご迷惑をおかけすることはもちろん、離脱も増え、大きな機会損失につながります。今は、「SiteLock CDN」のような、比較的容易に導入できる、コストパフォーマンスのよいサービスがありますので、導入しておくことで、そういった事態を避けられ、お客さまに快適にWebサイトをご覧いただくことが可能になります。結果として、スムーズなお問い合わせや資料ダウンロード、購入といったコンバージョンにつながるのではないでしょうか。

シックス・アパート株式会社


お客さまプロフィール
会社名 シックス・アパート株式会社
本社 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-17-15 ヨシダFGビル5F
事業内容 技術開発
Webサイト https://www.sixapart.jp

MT7

SiteLock CDNのお申し込み・導入のご相談はこちら